偏心とは。偏心度とは。偏心度・同心度に関わる用語解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

偏心度や偏心率、偏心軸など、「偏心」という言葉が付く用語はたくさんあります。

このページでは、偏心や偏心度という用語について解説します。

偏心とは

偏心とは、本来あるべき中心点と比べて位置がずれていることを言います。

本来の中心から見て、位置がずれていること。

偏心|weblio辞書

偏心率とは

偏心率とは、偏心の度合いのことをいいます。

偏心率は、建築業界で使用されるケースが多く、住宅や建造物の重心と剛心の離れ具合のことを指します。

偏心度とは

偏心率と同じように、偏心の度合いを指す言葉です。

しかしながら、建築用語では「偏心率」を使用し、工業用語では中心の位置の狂いの大きさとして「同心度」が用いられます。

※同心度については「同心度とは」を参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お手軽に同心度を測定!ZENSEIの同心度測定器

センターに穴がない円柱部品の同芯度の測定に適した測定機器です。

「段付シャフトの同心度」「外径と内径の同心度」などの測定が可能です。

お手持ちのインジケーターを測定器に取り付けることで手軽に同心度測定を行えます。


詳細はこちら